HOME>レポート>膣内洗浄のトラブルを回避しよう!【正しい洗い方をチェック】

膣内洗浄のトラブルを回避しよう!【正しい洗い方をチェック】

足

間違った膣内洗浄を行なうこと現れる症状

膣内洗浄を行なうことには、おりものの改善などの利点があります。ですが、誤ったやり方をすると身体に悪影響を及ぼすこともあります。まず、膣内の痛みなどの症状があるときに行なうと、症状を悪化させてしまう可能性があります。痛みがある場合、何かしらの感染症を発症している可能性があり、その膣内に洗浄液を注ぐことで菌が子宮内に到達してしまう恐れがあります。子宮内に菌が侵入すると、不妊症や子宮内感染のリスクが高まります。また、洗浄を行なう前には手や外陰部を清潔にしておく必要もあります。これも菌や有害な成分を膣内へ侵入させないためです。洗浄を行なうためのビデも使い捨てのものを使用し、ひとつのビデを使いまわさないようにしましょう。

下着の女性

膣内洗浄をする上で注意すること

膣内洗浄はあまり頻繁に行なわないほうが良いです。元々、膣内には充分な抵抗力を保てるだけの常在菌が存在し、適度な酸性の状態になっています。頻繁に膣内洗浄を行なうと、必要以上に常在菌を排出してしまったり、酸性の濃度を薄めてしまったりするなど、結果的に抵抗力を低下させてしまいます。洗浄を行なってもおりものが改善されなかったり、膣内に不快感があったりするようであれば、婦人科で相談してみるのがよいでしょう。また、使用する洗浄液はあまりいろいろな成分が含まれていないものがおすすめです。含有成分が多すぎると、膣内の粘膜に刺激を与え、痛みや痒みを引き起こすこともあります。滅菌蒸留水のような、シンプルなものを使用するのがよいでしょう。