PMSって何?

PMSとは、月経前症候群とも呼ばれる症状です。生理前に、ホルモンの分泌量が急激に変化することで起こります。頭痛などの身体的症状から、情緒不安定などの精神的症状まで様々なものがあり、ほとんどの女性にあると言われています。

PMSと生理痛の違い

ホルモンバランスによるPMS

PMSは、生理前にホルモンの分泌量が急激に変化することで起こりますが、生理が始まるにつれて自然と良くなっていくのが特徴です。ホルモンバランスの乱れによって、食欲増進や性欲減退などの症状が起こることもあり、人によって様々です。

子宮収縮による痛みや不調

生理痛は、子宮が経血を排出しようとするときに収縮することによって生じる痛みのことですので、主に腹痛や、それに伴う頭痛などが症状として多いのが特徴です。PMSとは違い、生理中にひどくなったりすることが多いです。

症状が悪化する前に対策をしよう

PMSは、症状がひどくなるとPMDDと呼ばれるようになり、必要以上に攻撃的になったり、ひどいうつ状態になったりなど、日常生活を正常に送れなくなってしまうようになります。そうなる前に、ホルモンバランスを整えたり、子宮を温めたりするなどして対策をしておくと良いでしょう。

PMS改善に効果的な方法

悩む女性

布ナプキンを使ってみる

布ナプキンは、子宮を温める効果があるとされています。何周期か続けて使用することで体が慣れて、PMSが改善されることがあるのが分かっていますので、ぜひ使用してみましょう。PMSだけでなく、生理痛緩和の効果も期待出来ます。

栄養ある食事を心がける

野菜中心の食事を心がけると、ホルモンバランスが整います。ビタミンDやビタミンEなどを積極的に摂るようにしてみましょう。それに加えて、十分な睡眠や適度な運動など、普段の生活習慣を見直すことも効果的です。

血行を良くし、体をほぐす

PMSの症状が出やすい人は、長時間座りっぱなしで同じ姿勢の仕事をしていたり、猫背気味だったりすることが多いです。毎日ストレッチをしたり、マッサージをしたりして、血行をほぐすようにしてみると効果的です。

PMS改善の為に出来ること【サプリや布ナプキンを試そう】

女性たち

PMS予防の為に摂取したい成分

サプリメントを摂取するのも、効果的なPMS予防法の一つです。例えば大豆に含まれるイソフラボンと呼ばれる成分は、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするため、摂取を続けることでホルモンバランスが整います。
また胎盤から作られるプラセンタは、豊富な栄養やアミノ酸が含まれており、摂取することでPMS改善だけでなく、アンチエイジングなどの美容効果も期待出来ます。
これらの成分は通常の食事から必要量を摂ることは難しいので、サプリメントによって補いましょう。マッサージや食事療法などを併用すると、さらに効果的です。